新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】ブリヂストン、国内11工場で生産調整を実施

【新型ウイルス】ブリヂストン、国内11工場で生産調整を実施

感染拡大で需要減少、市場の先行き不透明で対応

ブリヂストンは4月20日、国内11工場で一時的な生産調整を実施すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大でタイヤなどの需要が減少しており、市場の先行きも不透明な状況を考慮した。

当初予定していた5月大型連休中(5月3~6日)に加え、一定期間稼働を停止する。

11工場のうち、久留米工場(福岡県久留米市)や東京ACタイヤ製造所(東京都小平市)など8工場は4月29日~5月2日と同7~8日の6稼働日停止する。熊本工場(熊本県玉名市)と関工場(岐阜県関市)は5月1~2日、一部ラインを停止。佐賀工場(佐賀県上峰町)は5月1~2日と同7~8日に稼働をストップする。

(藤原秀行)

対象工場の一覧はコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事