新型コロナウイルス感染症への対応について

川崎重工、“空飛ぶ軽トラ”の浮上試験に成功

川崎重工、“空飛ぶ軽トラ”の浮上試験に成功

200キログラム以上の貨物搭載、航続距離は100キロメートル目指す

川崎重工業は5月18日、エンジンとバッテリーを搭載した大型ハイブリッドドローン(無人飛行機)の浮上試験に成功したと発表した。

全長約7メートル、全幅約5メートル、全高約2メートルで、200キログラム以上の貨物を搭載し、航続距離は100キロメートル以上を見込む。同社は“空飛ぶ軽トラック”と呼んでおり、引き続き実用化の可能性を探る予定。

ドローンはモーター駆動に必要な電力をエンジンで発電する仕組み。バッテリーのみ搭載しているタイプより大出力を長い時間持続できるのが強みだ。同社の高性能モーターサイクル「NinjaZX-10R」のエンジン3台が生み出した電力で8基のモータープロペラを回している。

同社は「ヘリコプターでは経済的に困難な近・中距離の中量物資輸送で、リーズナブルに利用できる空の物資輸送手段として、ヘリコプターと小型ドローンとの隙間を埋める位置付け」と説明している。


“空飛ぶ軽トラ”の実験の様子(川崎重工業プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事