新型コロナウイルス感染症への対応について

郵船ロジスティクス、災害対応強化へ成田・中部の2拠点で非常用発電機を見直し

郵船ロジスティクス、災害対応強化へ成田・中部の2拠点で非常用発電機を見直し

容量増強、津波や地震に備え屋上に配置

郵船ロジスティクスは8月5日、災害対応強化の一環として、国内2拠点で非常用発電機を見直したと発表した。

千葉県芝山町の「成田ロジスティクスセンター」は現在2基設置している非常用発電機のうち1基の容量を7月下旬に増強。センターの全事務所・倉庫で通常稼働できる電力を確保した。成田地区は昨年の台風15号で大規模停電が発生、同センターも通常のオペレーション業務に戻るまで時間を要したことを踏まえた。

愛知県常滑市の中部国際空港島内に位置している「中部ロジスティクスセンター」でも同じタイミングで非常用発電機を新設。津波や地震に備え、センターの屋上に配置している。


非常用発電機(上が成田ロジスティクスセンター、下が中部ロジスティクスセンター・郵船ロジスティクス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事