新型コロナウイルス感染症への対応について

鴻池運輸、米グループ企業がカリフォルニア州で新たな冷凍倉庫稼働開始

鴻池運輸、米グループ企業がカリフォルニア州で新たな冷凍倉庫稼働開始

既存施設と合わせて保管能力は2万3000パレットに拡大

鴻池運輸は10月30日、米国のグループ企業KONOIKE-E STRET(KES、カリフォルニア州)が同州内で建設してきた冷凍倉庫が完成、同20日に本格稼働を始めたと発表した。

新倉庫は延べ床面積1522坪、保管能力は8000パレット。KESが同州ウィルミントン地区に構えている既存倉庫の隣接地に開発した。主に肉や濃縮果汁などの冷凍食品を扱う予定。

既存倉庫と合わせると、KES全体の倉庫は延べ床面積3926坪、保管能力は2万3000パレットに拡大した。

鴻池運輸は北米エリアでKESの他、冷凍・冷蔵倉庫事業を担うKONOIKE-PACIFIC CALIFORNIA(KPC)、KONOIKE-GENERAL(KGI)、輸出入業務や大型重量物一貫輸送・据付作業を担うKONOIKE TRANSPORT & ENGINEERING (USA)(KTE)の4社を「KPACグループ」としてロサンゼルス・ロングビーチ港エリアで運営している。

KES新倉庫稼働を契機として、新倉庫には比較的保管期間が長い商品を、既存のKES倉庫、KPC、KGIの冷凍・冷蔵倉庫には生鮮食品などの回転率の高い商品をそれぞれ集約させ、作業効率向上による北米エリアの取扱量増加を目指す。


新倉庫の外観(鴻池運輸提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事