メルマガの配信元アドレスが変更となりました

近鉄エクスプレス、台湾現法の物流拠点がGDP認証取得

近鉄エクスプレス、台湾現法の物流拠点がGDP認証取得

温度帯管理可能で防虫対策も、フォワーディングなど拡大目指す

近鉄エクスプレスは8月25日、台湾の現地法人が医薬品物流の品質に関する国際的な認証GDPを取得したと発表した。同社グループでは9法人目となる。

取得した認証は桃園航空自由貿易港区(FTZ)内の自社施設「KWE Taoyuan FTZ/ILC Terminal」(桃園第2ターミナル)が対象。20度プラスマイナス3度の温調庫を備え、設定温度帯を厳密に管理する温度制御・監視システムや防虫対策機器も取り入れている点などが評価された。

世界的に需要が伸びる医薬品の物流を着実に取り込み、フォワーディングなどのサービスを拡大していきたい考え。


GDP認証を取得した拠点(近鉄エクスプレスプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事