メルマガの配信元アドレスが変更となりました

菅首相が自民党総裁選に不出馬表明、辞任へ★詳報

菅首相が自民党総裁選に不出馬表明、辞任へ★詳報

「コロナ対策専念」理由に、1年余りで幕

菅義偉首相は9月3日、自民党本部で開催した臨時役員会で、新型コロナウイルスの感染対策に専念したいことを理由に、9月17日告示、同29日投開票の自民党総裁選挙に出馬しない意向を表明した。総裁選は菅氏以外の候補で争うことになる。

今月末に総裁の任期が満了した後、首相を辞任する見通し。9月6日に行う考えだった党役員人事も見送る。

安倍晋三前首相の辞任に伴い昨年9月に発足した菅内閣は、わずか1年余りで幕を閉じることとなった。首相の任期中の大半をコロナ対策に費やしてきたが、感染拡大がとどまる兆しが見えず、菅内閣への不満が根強い上、不祥事も相次ぎ、主要メディアによる内閣支持率は低迷している。自民党内でも若手・中堅議員らから「菅総裁では衆議院選挙を戦えない」と不満が出ている状況だった。

二階俊博幹事長は臨時役員会後、記者団の取材に応じ、9月3日の朝に菅首相から連絡があったことを明らかにした上で「正直びっくりしているが、総裁のご発言なので考えに考えた末決断されたことだろうと思う。お考えをみんなで受け入れ、今後の党運営に対処していきたい」と語った。

菅首相は同日午後、首相官邸で記者団に対し「総裁選出馬を予定する中で、コロナ対策と選挙活動を考えた時に、莫大なエネルギーが必要になり両立はできない、どちらかを選択すべきであり、国民の皆さんと何回もお約束しているコロナ感染拡大阻止に専念したいと判断した」と説明。来週にもあらためて記者会見を開いて説明したいとの意向を示した。記者団からの質問は受けずに会見を終えた。


菅首相(首相官邸ホームページより引用)

(藤原秀行)

政策カテゴリの最新記事