ヤフー「ロハコはアスクル運営が最良」、事業譲渡求める考え否定

ヤフー「ロハコはアスクル運営が最良」、事業譲渡求める考え否定

岩田氏ら会見受けコメント発表、経営尊重スタンス訴え

ヤフーは7月18日、約45%の株式を保有しているアスクルの経営陣がヤフーに業務・資本提携解消を申し入れたことに関する記者会見を同日開いたのを受け、コメントを発表した。

関連記事:【動画】アスクル・岩田社長「成長事業乗っ取られる」と不快感表明
関連記事:「多くのステークホルダーの意向を無視」

提携関係については「見直しの協議は不要と考えている」と従来の姿勢を堅持。同時に、アスクルが展開している個人向けインターネット通販「LOHACO(ロハコ)」の譲渡を求める考えを明確に否定するなど、アスクルの経営を極力尊重するスタンスを重ねて訴え、同社株主らへの配慮をのぞかせた。

アスクルの岩田彰一郎社長兼CEOは会見で「当社の成長事業が乗っ取られるのではないかということを肌で感じている」などとヤフーの対応に不快感を示しており、双方の見解で相違が目立っている。

岩田氏再任否決の場合、「ヤフーから社長派遣はない」

ヤフーはコメントの中で、アスクルが8月2日に開く定時株主総会でヤフーや第2位株主のプラスが岩田氏の取締役再任に反対する方針を開示していることに関連し「岩田氏再任が否決された場合、当社はアスクルの筆頭株主として、引き続きアスクルの上場企業としての独立性が重要との考えから、新経営陣とアスクルの意向を尊重する」と明言。

さらに「中長期的な企業価値の向上および早期の株主共同の利益最大化に向けて迅速に取り組めるよう、最大限協力していく」とアピールした。反対の議決権行使自体についても「アスクルの数年にわたる業績低迷の早期回復に向けて株主権の行使を考えている。従って、アスクルの個別の事業に対して何ら意図するものではない」と語った。

岩田氏の後任社長人事をめぐっては「アスクルの取締役会で決議するものと考えており、当社から社長を派遣するつもりはない」と断言。岩田氏が仮に社長を退任した場合、岩田氏が記者会見で見解を示したのと同じく、取締役兼COO(最高執行責任者)の吉田仁氏か吉岡晃氏のいずれかが就任するとの見通しを明かした。

ヤフーが以前、ロハコ事業譲渡の可否をアスクルへ打診していたことに関しては「そもそも譲渡する考えがあるのか意向を伺ったにすぎない。アスクルからその意向はないとの回答を受けたため、当社としては今後も譲渡を申し入れる方針はない」と断じた。

その上で、ロハコ事業はアスクルの下で引き続き運営するのが最良との判断を示し、黒字化に向け最大限協力すると強調。「ロハコ事業に関する業務提携関係は維持する」と説明した。

アスクルが提携の契約に盛り込まれた、事業の独立性確保などで違反があった場合は同社が株式を売り渡すようヤフーに請求できる「株式売り渡し条項」の行使をにおわせていることには「アスクルの株式を譲渡する予定はない。(現時点で)アスクルから売り渡し請求も受けていない」と表明した。

岩田氏が会見で、ヤフー側との話し合いを目指す意向を繰り返し示したことには、特段コメントでは触れられていない。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事