【災害】JR貨物、台風19号で不通の東北線区間に代行輸送

【災害】JR貨物、台風19号で不通の東北線区間に代行輸送

トラックや船舶活用

JR貨物は10月18日、台風19号の影響で現在も不通となっている区間のうち、東北線でトラックや船舶による代行輸送を実施すると発表した。

東海・関東・東北の各地区を通過・発着する貨物列車は10月11~17日までに累計でコンテナ列車512本、車扱列車28本が運休となっている。

トラックによる代行は宇都宮ターミナル~仙台ターミナル間で17日より行い、最大で1日114個を運ぶ。船舶による代行は東京ターミナル~釧路貨物駅間のうち、東京港~釧路港間で18日から実施、1日当たり30個となる。併せて、日本海縦貫線を経由した迂回輸送も続ける。

不通区間のうち、武蔵野線の梶ヶ谷ターミナル~府中本町間は今月21日中に運行再開の見込みとなっている。

(藤原秀行)

代行輸送などの詳細はコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

JR貨物カテゴリの最新記事