新型コロナウイルス感染症への対応について

【独自取材】SGHDグループ大型拠点「Xフロンティアプロジェクト」、商品配送リードタイム大幅短縮を構想

【独自取材】SGHDグループ大型拠点「Xフロンティアプロジェクト」、商品配送リードタイム大幅短縮を構想

宅配便中継センターと“シェアリング自動倉庫”が連携、出荷迅速化

SGホールディングス(HD)が東京・新砂の本社に隣接したエリアで整備を進めてきた大型物流拠点「Xフロンティアプロジェクト」は建設工事が間もなく完了、稼働に向けた最終準備を本格化させる。延べ床面積は17万平方メートルを上回り、同社グループで過去最大級となる。

傘下の佐川急便、3PLを手掛ける佐川グローバルロジスティクス(SGL)、国際物流を担うSGHグローバル・ジャパン、引っ越しや大型貨物輸送を展開しているSGムービングのグループ主要事業会社4社が入居。業務の機械化を積極的に図り、eコマースの利用拡大や現場の労働力不足といった環境に対応してロジスティクスサービスのレベルアップを図るのが狙いだ。


「Xフロンティアプロジェクト」の完成イメージ(SGホールディングス提供)

EC事業者が自動倉庫や物流ロボット、自動梱包機などの先端機器を共有、利用した分だけ料金を支払うことで商品の入出荷や保管の負荷を大きく軽減する「シェアリング・フルフィルメントサービス」を提供するプラットフォームセンターを開設するのが大きな特色。

【独自取材】SGHDグループのEC事業者向け「物流シェア拠点」、入出荷・保管料に1個当たりの従量課金制採用へ

さらに、佐川急便が宅配便の中継センターを設け、プラットフォームセンターと連携、Xフロンティアから全国に直送便を送りだす構想だ。プラットフォームセンターは自動化機器を活用して迅速な出荷を可能にしており、当日の夜に出荷すれば宅配便の中継センターを経て、翌日の午前中に届けることを視野に入れている。中部や関西向けの発送もリードタイムの半日程度短縮を目指している。

主要事業会社4社の機能を結集し、中小EC事業者らの物流のコスト抑制とサービスレベル向上を実現したい考えだ。SGHDグループにとっても業務効率化により、物流業界を襲う労働力不足にも対応していくことを想定している。

プラットフォームセンターはXフロンティアより先に、埼玉県蓮田市の物流センターで既に稼働させており、今後もEC事業者の需要を見ながら中部や関西のエリアにも展開していくことを検討する見通しだ。

(藤原秀行)

【独自取材】SGHDグループのEC事業者向け「物流シェア拠点」、24時間稼働の自動倉庫確立へ
【独自取材】SGHDグループのEC事業者向け「物流シェア拠点」、入出荷・保管料に1個当たりの従量課金制採用へ
【独自取材】SGHDグループ大型拠点「Xフロンティアプロジェクト」、商品配送リードタイム大幅短縮を構想
SGHDグループの次世代大型物流拠点「Xフロンティア」を公開

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事