新型コロナウイルス感染症への対応について

ZMPがリーチ型無人フォークリフトの受注開始、5月出荷開始へ

ZMPがリーチ型無人フォークリフトの受注開始、5月出荷開始へ

可搬重量最大1・4トン

ZMPは2月14日、無人フォークリフト「CarriRo Fork(キャリロフォーク)」の新型リーチタイプの受注を開始したと発表した。

昨年10月に発売したウォーキータイプに続いて投入、今年5月に出荷を開始する。2月19~21日に東京・有明の東京ビッグサイトで開かれる「国際物流総合展2020」でデモを実施する予定。

新型リーチタイプは可搬重量が最大1・4トンで、最高時速は無積載時が4・2キロメートル、積載時は3・6キロメートル。作業エリアの事前マッピングから運用開始まで数日で実現可能。5年リースで月額税別33・8万円を想定している。


「キャリロフォーク」の新型リーチタイプ(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事