新型コロナウイルス感染症への対応について

ナビタイムの「トラックカーナビ」、大型車駐車可能な休憩施設の情報共有可能に

ナビタイムの「トラックカーナビ」、大型車駐車可能な休憩施設の情報共有可能に

投稿を受け付け、入浴施設などのテーマも対象

ナビタイムジャパンは6月9日、トラックドライバー専用アプリ「トラックカーナビ」の新機能として、ユーザーがさまざまな情報を投稿できる「みんなの地点」を同日追加したと発表した。

大型車を駐車することができる休憩施設など、便利な情報を共有し合えるのが特徴。「トラックカーナビ」は同社が独自に収集した、大型車駐車可能施設の地点情報を既に掲載しているが、ドライバーが日ごろ使っていてアプリには載っていない施設を知りたいとの声がユーザーから寄せられていることに対応する。

投稿テーマは休憩ポイントのほか、入浴施設やトレーラーが停められる地点も対象としている。今後はユーザーのリクエストに応じて、随時テーマを増やしていきたい考え。

今年5月から試験的に新機能を運用しており、休憩ポイントに関しては「午後6時を回ると混雑」「近隣にトラックショップやトラックが駐車できる食事処があるので便利」といった投稿が既に200地点近く集まっているという。


新機能のイメージ(ナビタイムジャパン提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事