新型コロナウイルス感染症への対応について

ジャロック、中国のシリウスロボとAMRの国内販売代理店契約を締結

ジャロック、中国のシリウスロボとAMRの国内販売代理店契約を締結

9月1日に取り扱い開始、ピッキングをサポート

ジャロックは8月27日、中国・深圳のロボットメーカー、炬星科技(シリウスロボティクス)と日本国内の物流センター向けAMR(自律走行ロボット)の販売代理店契約を締結、9月1日に取り扱いを開始すると発表した。

ジャロックはシリウスロボのAMRを活用し、ピッキング作業時間の約6割を占める歩行時間に焦点を当て、AMRが目的の商品が収められた保管棚まで誘導した後、棚から探して取り出すのは人間が担当する業務効率化のソリューションを提供する計画。

シリウスロボのAMRは最大積載量50キログラム。導入する際、物流センターのレイアウトを大幅に変える必要がないことなどが強み。数台規模の導入でも生産性向上が期待できるという。


代理店契約を締結


シリウスロボのAMR(いずれもジャロック提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事