新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】ラストワンマイル協同組合、コンパクトサイズの荷物を非接触で届ける「置配便ミニ」を首都圏で10月開始へ

【新型ウイルス】ラストワンマイル協同組合、コンパクトサイズの荷物を非接触で届ける「置配便ミニ」を首都圏で10月開始へ

ポストイン基本、入りきらない場合は専用バッグでドアノブ引っ掛けなど対応

中小運送事業者37社が参加している「ラストワンマイル協同組合」は9月4日、首都圏の1都5県で10月1日から新たなサービス「置配便ミニ」を始めると発表した。

3辺の合計の長さが60センチメートル以内、重さは2キログラム以内のコンパクトな荷物が対象。厚さは10センチメートルを上限とする。配達は届け先の住戸などのポストに投函するのが基本だが、入りきらない場合に限り、専用のデリバリーバッグに入れてドアノブに掛けたり、玄関ドアの前に置いたりする。

新型コロナウイルスの感染拡大で「非接触」の配達を望む声が出ているのに対応する。基本料金は厚さ2・5センチメートル、重さ1キログラム以内で150円と設定しており、厚さに応じて変わる。


ポストインが基本


ドアノブに引っ掛けておく(いずれもラストワンマイル協同組合提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事