メルマガの配信元アドレスが変更となりました

Azoop、足利銀行と運送事業者向けクラウド車両管理システムの顧客紹介で連携

Azoop、足利銀行と運送事業者向けクラウド車両管理システムの顧客紹介で連携

物流業界特化のロジスティクスチームが選定、コンサルティング内容拡充

運送事業者の業務効率化支援を手掛けるスタートアップ企業のAzoop(アズープ、東京都世田谷区上馬)は3月5日、クラウドベースの車両管理システム「トラッカーズマネージャー」に関し、足利銀行と顧客紹介のアライアンス契約を結んだと発表した。

足利銀行は物流業界に特化した「ロジスティクスチーム」を設置し、資金調達や財務改善、採用、事業承継、M&Aなど多岐にわたる領域でコンサルティングサービスを手掛けている。

その一環として、Azoopの車両管理システムを選定、取引先の運送事業者へ積極的に紹介し、コンサルティングの内容拡充を図る。

トラッカーズマネージャーは2020年3月に正式版の提供を開始。稼働状況などのデータを基に、運送事業者が保有している車両1台当たりの収益を算出し、最適化に向けた施策をサポートしている。既に100社以上で採用されているという。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事