メルマガの配信元アドレスが変更となりました

パナソニック、物流など現場向け頑丈タブレットの新商品発売へ

パナソニック、物流など現場向け頑丈タブレットの新商品発売へ

オプションを容易に取り付け可能、バッテリー駆動が従来機種比5割長く

パナソニックは7月30日、防水・防塵・防滴などの機能を備え、物流施設や工場といった現場・店舗での活用を想定している堅牢なタブレット端末“頑丈タブレット”「TOUGHBOOK(タフブック)」シリーズの新商品「FZ-G2」を8月末から順次発売すると発表した。

タブレット型のタフブックで初めてモジュラー構造を採用。旧来は使い方の変化に合わせ機能拡張したい場合、本体の買い増しが必要だったが、拡張インターフェースなどのオプションをユーザー自身が簡単に取り付られるようにした。利便性向上と導入コスト削減が狙い。必要なオプションだけ提供し、環境負荷の低減も図る。

タフブックは2021年でリリース25周年。新商品はマイナス10度から50度の環境での動作試験や1・2メートルからの落下試験を実施。ファームウエア攻撃からパソコンを守るデバイスセキュリティ要件「Secured-core PC」に対応している。キーボードを取り付けて通常のPCのように使うこともできる。

バッテリーの駆動は約18・5時間を想定、従来機種G1と比較して約50%長くなっている。オプションの大容量バッテリーを搭載すれば約26時間が見込めるという。

高性能CPU「第10世代インテル Core i5 プロセッサー(インテル vPro テクノロジー対応)」を搭載。ワイヤレスWAN内蔵(LTE対応)モデルをラインアップし、Wi-Fi6/Bluetooth v5.1/プライベートLTEに対応。周囲がうるさい現場でも聞こえやすい88dBステレオスピーカーとステレオマイクを採用している。

屋外で見やすい約1000cd/平方メートルの高輝度液晶を使用し、手袋を装着していたり水滴が付いていたりする場合でもタッチ操作できるようにしている。


FZ-G2


使用イメージ(いずれもパナソニック提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事