画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ライナロジクスの「自動配車クラウド」とJEMSの「環境将軍R」がAPI連携へ

ライナロジクスの「自動配車クラウド」とJEMSの「環境将軍R」がAPI連携へ

資源循環・リサイクル業界の収集運搬業務効率化など図る

ライナロジクスは1月19日、リサイクル事業関連の情報システム構築などを手掛けるJEMS(茨城県つくば市)とシステム連携の開発を開始したと発表した。API連携の実装は2022年中を予定している。

ライナロジクスが提供する完全AI自動配車システム「LYNA(ライナ) 自動配車クラウド」とJEMSが手掛ける資源循環・リサイクル業界特化型基幹システム「環境将軍R」をAPI連携し、地球温暖化対策の推進や業務の生産性向上を目指す。

自動配車クラウドはオーダーを入力するだけで、AIが必要な車両台数を素早く見積もり、1台ごとの巡回ルートを自動で作成する。配車業務の効率化、配車計画の最適化を後押しする。

環境将軍Rは廃棄物の収集運搬、マニフェスト管理やその後の入出金管理といった多様な業務の全データを一元管理・共有する。業務の無駄の大幅削減や一元管理による効率化を実現する。

両サービスのAPI連携で「環境将軍R」が備えている、廃棄物管理業務に関わる多様なデータを一元管理する機能に加え、新たに配車計画を自動化。属人的業務になりやすい配車担当者の業務負荷を大幅に軽減させるとともに、配車計画を最適化させることで廃棄物の収集運搬業務の効率化・生産性向上や車両の温室効果ガス排出量削減に寄与を見込む。

(画像は両社提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事