画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

霞ヶ関キャピタル、冷凍・冷蔵やドライの倉庫開発に関する「グリーンローン」のフレームワーク策定

霞ヶ関キャピタル、冷凍・冷蔵やドライの倉庫開発に関する「グリーンローン」のフレームワーク策定

屋上への太陽光パネルなど対象、資金調達の多様化・安定化図る

霞ヶ関キャピタルは9月27日、資金調達手法の一環として利用する「グリーンローン」と「ソーシャルローン」のフレームワーク(枠組み)を策定したと発表した。格付投資情報センター(R&I)から、いずれのフレームワークも国際的なルールに適合しているとのセカンドオピニオン(第三者評価)を同日付で取得した。

グリーンローンは環境負荷低減につながる事業、ソーシャルローンはSDGsへの貢献を目指す事業にそれぞれ使途を限定したローン。

フレームワークは三井住友銀行などの取引金融機関と協働で策定した。このうちグリーンローンのフレームワークは、冷凍・冷蔵倉庫とドライ倉庫を対象のアセットに設定。屋上への太陽光パネル設置、冷凍・冷蔵倉庫での自然冷媒採用などの事業にグリーンローンを活用することを盛り込んでいる。

一方、ソーシャルローンのフレームワークは、終末期医療を担うホスピス住宅などを対象としている。

霞ヶ関キャピタルは今後、開発・運営に参加する案件の資金調達については、フレームワークを適用したグリーンローンやソーシャルローンを活用することを検討。資金調達の多様化・安定化を図るとともに、社会課題解決などへの貢献も目指す。

グリーンローンフレームワーク概要
【対象プロジェクト内容】

プロジェクトカテゴリー 対象プロジェクト 適格クライテリア
再生可能エネルギー コールド型倉庫
ドライ型倉庫
屋上太陽光パネルの設置
グリーンビルディング CASBEE 評価認証における A ランク以上など
の評価を第三者機関から取得(取得予定を含
む)
汚染防止及び抑制 コールド型倉庫 自然冷媒(CO2)による冷凍・冷蔵庫の採用

ソーシャルローンフレームワーク概要
【対象プロジェクト内容】

プロジェクトカテゴリー 対象プロジェクト 対象となる人々
必要不可欠なサービスへのアク セス ホスピス住宅の企画・開発・運用 またはホスピス住宅を拠点とした医療・介護事業の運営 終末期医療を必要とする高齢者 /指定の難病を抱える高齢者/ 在宅での看護や介護を必要とする高齢者

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事