画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ホンダ、新型の軽商用EVを2024年春に発売

ホンダ、新型の軽商用EVを2024年春に発売

航続距離200km目標、価格はガソリン車と同程度の100万円台から設定へ

ホンダは12月7日、の軽バン「N-VAN(エヌバン)」をベースとした新型の軽商用EV(電気自動車)を2024年春に発売すると発表した。


「N-VAN」ベースの軽商用EV(プロトタイプ)

商用車は環境負荷低減の観点から企業の電動化に対するニーズが非常に高いため、ホンダは軽商用EVを皮切りに軽EVを展開していく構え。

N-VANは2018年の発売以来、大容量の荷室空間と、助手席側のセンターピラーレスが実現する荷室空間の使い勝手の良さ、アレンジ力の高さが好評を博している。

新型軽商用EVは従来の使い勝手を踏襲しながら、EVならではの高い静粛性や、ストップ&ゴーの多い交通環境に適した力強い加速を実現。近年ニーズが高まる街中のラストワンマイル配送などの商用利用に加え、個人ユーザーの日常使いにも柔軟に対応する、日本の暮らしになじむEVを目指す。


現行N-VAN 助手席ピラーレスが実現する大開口

EVの課題となっている航続距離も200kmを目標に設定。価格はガソリン車と同等の100万円台からの設定とし、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)の実現に向け、EVの普及を加速させたい考えだ。

(藤原秀行)※写真はプレスリリースより引用

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事