AI活用のABEJA、日立物流と「ヒヤリ・ハット」状態検出のモデル開発

AI活用のABEJA、日立物流と「ヒヤリ・ハット」状態検出のモデル開発

ドライバーや運行管理者に情報提供、安全運転促進狙う

AI(人工知能)を活用したソリューション開発を手掛けるスタートアップのABEJA(東京、アベジャ)は3月5日、日立物流と共同で、トラックなどを運転中に事故が起きそうになった「ヒヤリ・ハット」の状態を検出するAiモデルを開発したと発表した。

日立物流が既に運用している運行管理システム(SSCV)と組み合わせ、ドライバーが運転している際の脈拍など生体情報と、運転中の映像などのデータをIoT(モノのインターネット)関連センサーで収集、分析。事故につながりかねない状況を特定できるようにし、ドライバーや運行管理者に警告、安全運転を後押しする機能を追加する。今年4月をめどに新機能の提供を始めたい考え。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事