三井E&Sマシナリーが比向けに港湾クレーン16基受注

三井E&Sマシナリーが比向けに港湾クレーン16基受注

ハイブリッド仕様で燃料消費量を最大60%削減

三井E&Sマシナリーは6月25日、フィリピンのインターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシス(ICTSI)からマニラターミナル向けにヤード用トランスファークレーン16基を追加受注したと発表した。17年に受注した先行案件におけるクレーンの品質と省燃費性が高く評価された。

ICTSIは同国最大の港湾オペレーター。国内のみならず世界約20カ国で約30ターミナルを運営している。今回受注した16基は同社の旗艦ターミナル「マニラ・インターナショナル・コンテナ・ターミナル」に納入する。

環境負荷の低いハイブリッド型を採用。エンジン駆動とリチウムイオンバッテリーによって回生エネルギーを蓄積・再利用することで、従来型と比べて燃料消費量を最大60%削減できる。CO2排出量の削減に加えて省燃費によるランニングコストと騒音の低減も実現。ユーザーに配慮した仕様となっている。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事