阪急阪神エクスプレス、千葉・成田で2万6642平方メートルの新拠点

阪急阪神エクスプレス、千葉・成田で2万6642平方メートルの新拠点

西濃運輸トラックターミナルに隣接、国際一貫物流提供

阪急阪神エクスプレスは7月11日、千葉県成田市で新たな物流拠点「成田国際ロジスティクスセンター(NGLG)」の開所式を同10日に開催したと発表した。

西濃運輸の成田支店内倉庫棟に、阪急阪神エクスプレスの成田カーゴターミナル(同県芝山町)を移転、新たにオープンした。

地上2階建て、倉庫面積は計2万6642平方メートル。7月16日に営業を始める。

阪急阪神エクスプレスはセイノーホールディングスグループと資本・業務提携している。新倉庫は西濃運輸のトラックターミナルに隣接しており、同社とタッグを組んで国際一貫物流を提供していくのが狙い。


開所式の様子(阪急阪神エクスプレス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事