日本郵便、オープンイノベーションプラグラムの公募開始

日本郵便、オープンイノベーションプラグラムの公募開始

9月末まで、郵便局やポストなどリソース活用し物流業界の課題解決策考案

日本郵便は9月5日、スタートアップ企業などから人手不足をはじめ物流業界が抱える諸課題解決に貢献できる技術を公募するプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM2019」を始めたと発表した。同日募集を開始した。

プログラムは2017年度から実施しており、有望なアイデアは日本郵便やパートナー企業などと商用化を目指す。3回目の今年は「郵便・物流のバリューチェーンを改革し、最適な仕組みで届ける。」をテーマに掲げ、全国各地の郵便局やポスト、郵便配達車両など日本郵便が持つリソースを有効活用して新たなサービスや取り組みを提案してもらう。

アイデアの募集は9月末まで。10月に書類選考と面談審査を行い、11月上旬に支援対象の選考結果を発表する。申し込みは専用サイトから。

(藤原秀行)

専用サイトはコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本郵政カテゴリの最新記事