新型コロナウイルス感染症への対応について

プロロジスリート、宮城・岩沼の物流施設火災で保険の支払限度額は47億円と説明

プロロジスリート、宮城・岩沼の物流施設火災で保険の支払限度額は47億円と説明

補償範囲など確定は「相応の時間」とあらためて説明

Jリートの日本プロロジスリート投資法人は5月11日、ポートフォリオに組み入れている宮城県岩沼市の物流施設「プロロジスパーク岩沼1」が火災で焼失したことに関連し、同施設を対象とする保険の支払限度額がトータルで47億2100万円に上ると発表した。

内訳は、建物と付属設備が対象の火災保険が37億2000万円、収益を対象とする利益保険が10億1000万円。同施設の帳簿上の価額は37億1300万円という。

同社の資産運用を担うプロロジス・リート・マネジメントは保険の補償範囲や実際に支払われる保険の額、支払い時期の決定には「相応の時間がかかる見込み」と従来の見解をあらためて表明した。


鎮火後の「プロロジスパーク岩沼1」

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事