新型コロナウイルス感染症への対応について

オリックス、「空飛ぶ車」の事業参入を検討

オリックス、「空飛ぶ車」の事業参入を検討

空港運営などの経験生かし、離発着場運営を想定

オリックスは6月24日に開かれた「空の移動革命に向けた官民協議会」の第6回会合で、垂直の離発着が可能な「空飛ぶクルマ」の事業参入を検討していることを明らかにした。

同社が提出した資料によれば、これまでドローン(無人飛行機)を使った撮影サービスの展開や、関西国際空港の運営などを手掛けている経験を生かし、空飛ぶクルマの離発着場運営を事業化することを想定。実証実験の動きに合わせ、大阪で2025年に開催予定の万博を、事業化に向けた「マイルストーン」にすることも視野に入れていることを説明した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事