新型コロナウイルス感染症への対応について

福岡運輸HD、鹿児島・志布志で九州4カ所目の冷凍冷蔵倉庫を建設へ

福岡運輸HD、鹿児島・志布志で九州4カ所目の冷凍冷蔵倉庫を建設へ

倉庫面積1・15万平方メートル、自動倉庫も備え21年9月完成予定

福岡運輸ホールディングス(HD)は8月21日、鹿児島県志布志町で傘下の福岡運輸の新たな拠点「南九州物流センター」を建設すると発表した。

地上2階建て、倉庫の延べ床面積は1万1540平方メートルを計画。畜産の輸送効率化と安定供給確立が狙いで、同社グループとしては初めての自動倉庫と急速凍結庫を備えた冷凍冷蔵倉庫となる。完成は2021年9月の予定。

九州では佐賀県の基山町と鳥栖市、北九州市に続いて4カ所目の冷凍冷蔵倉庫。


新倉庫の完成イメージ(福岡運輸HD提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事