新型コロナウイルス感染症への対応について

かもめや、ドローン運用の包括支援システム提供開始

かもめや、ドローン運用の包括支援システム提供開始

ハイテクインターの無線機器調達、「目視外・補助者なし」飛行が可能に

ドローン(小型無人機)関連事業を手掛けるスタートアップ企業のかもめや(高松市)は10月5日、産業用無線通信機器を取り扱うハイテクインター(東京都渋谷区代々木)と連携し、ドローンなどの無人移動体の運行を包括的に支援するシステム「OceanMesh(オーシャンメッシュ)」の提供を今年8月に始めたと発表した。

5・7ギガヘルツ帯の小型基地局を地上に設置し、ドローンに搭載されたカメラと無線伝送装置(MPU5)によって、気象データをはじめとするさまざまな運行状況データのリアルタイム監視を可能にする。「目視外・補助者なし」のドローン飛行が可能になるため、離島や山間地でのドローン物流などに道を開くと期待している。

かもめやは7月30日、あいおいニッセイ同和損保、香川大と共同で香川県三豊市~粟島間の無人ドローン遠隔診療実験を行い、成功したという。


ドローン運用のイメージ(かもめや提供)

(藤原秀行)※ロゴマークはかもめや提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事