新型コロナウイルス感染症への対応について

日新、関西発香港向けの海上冷凍混載サービスを開始

日新、関西発香港向けの海上冷凍混載サービスを開始

食品に特化、日本側CFSはHACCP対応

 日新は10月30日、関西発香港向けの海上冷凍混載サービスを11月に始めると発表した。既に展開してる台湾・台北向けに加え、ルートを増やして対応を拡充する。

 第1便は11月27日出港、12月4日香港着を予定している。香港向けサービスは食品に特化し、日本型のCFSは食品衛生管理に関する国際基準「危険度分析による衛生管理(HACCP)」に対応している自社設備の麻耶冷蔵・冷凍倉庫を活用する。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事