メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ACSLとブルーイノベーション、ドローン使った庫内棚卸しを提供

ACSLとブルーイノベーション、ドローン使った庫内棚卸しを提供

RFIDを自動読み取り、トッパン・フォームズも協力

自律制御システム研究所(ACSL)とブルーイノベーションは1月28日、ドローン(無人飛行機)を活用した倉庫内の棚卸し作業を提供すると発表した。

トッパン・フォームズも協力し、ドローンに搭載したRFIDリーダーで商品のラベルを読み込む。ACSLが独自開発したドローン飛行時の自律制御やGPSが使えない屋内での自己位置推定に関する技術を活用。ブルーイノベーションが展開している複数の自律移動ロボットを管理、業務を効率的に行うソフトウエアなどを組み合わせ、屋内作業のデジタル化貢献を図る。


ドローンを使った庫内棚卸し作業のイメージ(ACSL提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事