メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日新、シベリア鉄道の利用促進で運営会社と合意

日新、シベリア鉄道の利用促進で運営会社と合意

環境対策に積極的な荷主企業へ連携してアピール

日新は3月17日、ロシアのシベリア鉄道利用促進に向け、同鉄道を運営する同国国有企業のロシア鉄道と協力していくことで合意したと発表した。

ロシア鉄道東京事務所のオレグ・リャボフ代表らが同16日に日新東京本社を訪問、渡邊純一郎代表取締役専務や枡田建二郎取締役常務らと会談。地球温暖化対策が強く求められる中、積極的に環境対策へ取り組む荷主企業に対し、両社が連携してシベリア鉄道の利用を案内していくことを確認した。

ロシア鉄道の東京事務所は今年2月1日に開設。元大阪ロシア総領事のリャボフ氏が初代代表として着任した。


会談後の撮影に応じるリャボフ代表(左から2人目)と渡邊氏(同3人目)、枡田氏(右端)(日新プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事