メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日陸、ベトナム現法が同国初の危険物倉庫を11月開設へ

日陸、ベトナム現法が同国初の危険物倉庫を11月開設へ

2期工事で3900平方メートル計画、日本の消防基準に合致

日陸は7月7日、ベトナムの現地法人「NRSライザロジスティクスベトナム」が同国で初となる化学品専用倉庫を今年11月に開設すると発表した。

今年5月に、省政府から認可を受けた。保管製品ごとの申請・許可が不要という。延べ床面積は1期工事分が1200平方メートルで、2023年には2期工事に着手、総床面積は3900平方メートルとなる予定。

新倉庫は工業団地内に位置し、ハノイ市内から約35キロメートル、ハイフォン港から約80キロメートル。高床式放爆構造と防爆設備を備え、日本の消防基準と同社内のノウハウを生かした安全基準を採用、ベトナムの法律にも準拠している。日本人スタッフが常駐し、日本式の高品質な管理を提供する。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事