メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ビットキーと日本郵便、都内のオートロックマンションで顔認証使った置き配実験

ビットキーと日本郵便、都内のオートロックマンションで顔認証使った置き配実験

安全な出入り可能な仕組みの確立目指す

デジタル認証技術を手掛けるスタートアップ企業のビットキーは7月27日、日本郵便と連携し、東京都内のオートロックマンションに配達されるゆうパックを対象として、7月27日〜8月20日まで置き配の実証実験を実施すると発表した。

今後、実験を通じて得た課題を踏まえ、2021年秋ごろにも再度実験を予定している。

※以下、プレスリリースより引用

実証実験の概要

場所    :東京都世田谷区のオートロックマンション
期間    :2021年7月27日〜8月20日
対象者   :事前に申し込みした入居者
実証内容  :再配達率や配達時間、対象者の満足度などの検証
事前設置物 :オートロックエントランスのドアと連携したbitlock GATE
       顔認証を可能にする、bitlock GATEと連携したタブレット端末
対象荷物  :対象者宅宛のゆうパック、国際小包、EMS(料金の支払いを伴うもの、セキュリティ、
       生もの等 を内容品とするもの等、一部置き配を実施しない荷物あり)

運用方法

対象者の自宅宛にゆうパックのお届けがある場合、配達員が事前に登録した顔認証により共有部のオートロックを解錠・専有部玄関でインターホンを鳴らし、不在時は玄関前に置き配、在宅時は対象者の希望に応じて手渡し、もしくは玄関前へ置き配を行う。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事