メルマガの配信元アドレスが変更となりました

カケハシ、薬局向けにAI駆使したクラウド型医薬品在庫管理・発注システムの提供開始

カケハシ、薬局向けにAI駆使したクラウド型医薬品在庫管理・発注システムの提供開始

高精度の患者来局予測など提供、半自動発注や店舗間融通を可能に

調剤薬局向けのサービス開発を手掛けるベンチャー企業のカケハシ(東京都中央区築地)は9月8日、薬局の業務効率化と医薬品の欠品・在庫リスクの軽減を支援する新たなサービス「Musubi(ムスビ)AI在庫管理」の提供を始めたと発表した。

新サービスは薬局向けのクラウド型在庫管理・発注システムで、AIを駆使した高精度の患者来局予測や独自コードによる医薬品在庫管理などに基づく半自動発注および店舗間在庫融通といった機能を備えている。

薬局が保管している医薬品は、患者の症状変化による処方内容変更や治療終了などで使用期限を迎えて廃棄となるリスクを抱えており、厚生労働省の報告書によるとその規模は年間約280億円に上ると見込まれている。

従来型の在庫管理・発注システムは在庫管理に適したコード体系がなく、適切な需要予測の難易度が高いため、薬剤師の勘と経験に依存した属人的な発注が主流で、経営効率化が課題となっていた。同社は新サービスを投入することで業務デジタル化の遅れを解消、薬局の経営改善と患者の満足度向上を両立できると見込む。

新サービスは同社が展開している薬局の業務効率化支援サービス「Musubi」のオプションとして設定しているが、同社が提供する別機器を設置すればMusubiの有無にかかわらず利用できる。「Musubi AI在庫管理ベーシックプラン」と、カケハシグループで不動在庫となっている医薬品の2次流通促進を手掛けているPharmarketと連携した「Musubi AI在庫管理 らくトク売却プラン」の2プランのいずれかを選択可能。


新サービスの概要


プランの概要(いずれもカケハシ提供、イメージ写真も)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事