メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JPR、10月1日に150万枚販売の定番輸送用緩衝材をリニューアル発売

JPR、10月1日に150万枚販売の定番輸送用緩衝材をリニューアル発売

表面に独自の凹凸、重ねれば保管スペース効率使用可

日本パレットレンタル(JPR)は9月27日、輸送用緩衝材「トラックボード」を刷新した「トラックボードPro」を10月1日発売すると発表した。

トラックボードは板状の製品で、パレット積みした貨物の間に挿入することで、輸送中の振動で商品同士がぶつかって傷んだり崩れたりすることを防ぐ。ベニヤ板や発泡スチロールより汚れにくく、弾力性を持っているため折れにくいため、取り扱いが容易なのが利点。2001年の発売から累計で150万枚を販売している定番商品だ。

トラックドライバーの声を踏まえ、「トラックボードPro」は表面に独自の凹凸形状を施し、商品の衝撃を吸収するとともに、従来品より材料使用量を2~3割削減、価格を抑えた。凹凸を重ねれば保管時のスペースが少なくて済むことも特徴。先行発売していた「9サイズ」に、新たにM、Lの2サイズを追加。色合いはグレーに統一した。9サイズのブルーは受注生産に移行する。


「トラックボードPro」(Mサイズ)と使用例(JPRプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事