国分北海道、帯広に3温度帯センター開設

国分北海道、帯広に3温度帯センター開設

既存拠点の機能集約、物流効率化や取扱量拡大への対応図る

国分グループ本社傘下の国分北海道は6月3日、北海道帯広市に3温度帯対応の物流拠点「帯広総合センター」を開設したと発表した。

旧来は帯広に常温センター2拠点、低温センター3拠点を構えていた。機能を新拠点に集約し、隣接する帯広西センターと連携して配送や庫内オペレーションの効率化と取扱量拡大への対応を図るとともに、品質管理水準を高めたい考え。

新拠点は延べ床面積7133平方メートル。十勝地区の加工食品や菓子、酒類、冷凍食品、チルド、生鮮品などを手掛けている。


「帯広総合センター」の外観(国分グループ本社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事