新型コロナウイルス感染症への対応について

IoTセンサーが乗せた消耗品の残量を自動計測

IoTセンサーが乗せた消耗品の残量を自動計測

NTT東日本が新サービス準備、緊急の部材調達なくし運搬費カットなどの効果想定

NTT東日本は、消耗品などの残っている量を自動計測し、在庫管理を効率化する「重量IoTサービス(仮称)」の開発を進めている。スマートショッピング(東京都品川区西五反田)が展開しているIoT(モノのインターネット)を導入した計測機器「スマートマット」を活用し、棚卸しや発注作業の省力化を図る。

スマートマットに商品を乗せておくと、定期的に重量を図って在庫の量を自動的に計算、クラウドベースのサーバーにデータを蓄積する。現場の担当者はスマートフォンやタブレット端末で在庫の現状を迅速に確認できるほか、在庫がなくなる前に現場の担当者へメールで自動的に通知するよう設定しておくことも可能。欠品や過発注、発注漏れを防げるようになると見込む。

さらに踏み込んで、残量が事前に決めておいた水準を割り込めば自動的にメールやファクス、ネット経由で発注するよう設定することもできる。製造業にとっては、部材の補充漏れを防ぎ、緊急の部材調達がなくなるため運搬費など余計な経費をカットするとともに、納期の厳守・短縮にもつながると想定している。

スマートマットは単三電池4本で約1年間稼働するほか、ACアダプターも利用可能。既に大手EC事業者やメーカーなどでテスト導入の実績を重ねているという。


サービスの想定イメージ(NTT東日本ウェブサイトより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事