新型コロナウイルス感染症への対応について

【物流で光るCSR】カンタベリーとDHL、国内の小学校にラグビーボール3万個寄贈

【物流で光るCSR】カンタベリーとDHL、国内の小学校にラグビーボール3万個寄贈

W杯日本大会の盛り上がり受け、子どもたちが楽しさや素晴らしさ知る契機に

ゴールドウイン傘下でラグビー関連商品を扱うカンタベリーオブニュージーランドジャパン(東京都新宿区岩戸町)とDHLジャパンは9月23日、国内約3500の小学校に約3万個のラグビーボール(3号球)を寄贈したと発表した。

カンタベリーがオフィシャルトーナメントサプライヤーを務めた2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表が活躍、盛り上がったのを受け、ラグビー人気を継続させるため、子どもたちにラグビーの楽しさや素晴らしさを知る契機としてもらうのが狙い。

同日午後、カンタベリーの森本邦夫社長とDHLジャパンのトニー・カーン社長がスポーツ庁の鈴木大地長官を表敬訪問し、ラグビーボール寄贈完了を報告した。DHLはラグビーボールを無償で小学校や教育委員会に輸送した。

寄贈したラグビーボールは20年度の小学校新学習指導要領に盛り込まれた「ゲームおよびボール運動におけるタグラグビー」などに活用される予定。


表敬訪問の記念撮影に応じる(左から)スポーツ庁・藤江陽子次長、カンタベリー・森本社長、鈴木長官、DHLジャパン・カーン社長


ラグビーボールの活用風景(いずれもカンタベリー提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事