メルマガの配信元アドレスが変更となりました

アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループ、法人向けサービスロボットで合弁会社設立へ

アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループ、法人向けサービスロボットで合弁会社設立へ

除菌清掃や配膳・運搬など、市場規模1000億円目指す

アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループは1月27日、新たに合弁会社「アイリスロボティクス」を2月1日付で設立すると発表した。

新会社は仙台に本拠を置き、出資金は1000万円で、アイリスオーヤマが51%、ソフトバンクロボティクスグループが49%を分担。多様な業界を顧客に持つアイリスオーヤマと、ロボット分野で技術力を有するソフトバンクロボティクスグループが組み、法人向けのサービスロボット分野で市場開拓を図る。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

新型コロナウイルスの感染拡大で産業現場は過密を避けることが強く求められており、自動化・省人化のニーズが高まっているのに対応する。グローバルにも事業を展開し、2025年までに市場規模1000億円を目指す。

合弁に伴い、自律走行が可能なAI除菌清掃ロボット「Whiz i アイリスエディション」や配膳・運搬ロボット「Servi アイリスエディション」を展開するほか、新たなロボットの開発や業務変革のソリューション創出にも取り組む。


「Whiz i アイリスエディション」

「Servi アイリスエディション」(いずれも両社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事