LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

佐川急便、北海道で地元タクシーと「貨客混載」開始

佐川急便、北海道で地元タクシーと「貨客混載」開始

乗車待ちなどのタイミングに集配

 佐川急便は11月27日、北海道のタクシー会社、HEYタクシー(北海道当麻町)と、宅配便の荷物をタクシーの車両で運ぶ「貨客混載」を同21日に始めたと発表した。規制緩和を受け、両社が協力して宅配輸送の効率化と地域のタクシー有効活用促進を目指す。

 佐川によると、北海道で宅配事業者がタクシーと貨客混載を実施するのは今回が初めてという。

 佐川がHEYタクシーに配達する荷物を持ち込み、乗客の利用が比較的少ない日中などにタクシーが集配を行い、トランクに宅配便の荷物を収め、運転手が個別に届ける。配達業務が終わった後は、不在で配達できなかった荷物を佐川のドライバーが引き取る。

 佐川はJR北海道とも、旅客列車で宅配便の荷物を輸送する貨客混載の実施に踏み切っている。

(藤原秀行)


タクシーとの貨客混載の概要(佐川急便提供)※クリックで拡大

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

SGホールディングスカテゴリの最新記事