LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

サイブリッジグループ、NTT東日本と宅配ボックスの実証実験

サイブリッジグループ、NTT東日本と宅配ボックスの実証実験

都内の電話局舎などに設置、来春稼働へ

 インターネット関連企業のサイブリッジグループ(東京)は12月7日、子会社のERY JAPAN(同)がNTT東日本と連携し、宅配ボックスの実証実験を始めると発表した。

 ERY JAPANが開発を進めている、さまざまなインターネット通販会社や物流企業の配送品を扱えるオープン型宅配ボックス「ERYBOX」を東京都内のNTT東日本局舎ビルなど4カ所に設置。来春に稼働する予定。

 実験にはコインパーキングなどを運営するNTTル・パルク(同)、再生可能エネルギーによる発電設備の開発・設置などを展開しているLoooP(同)も参加。さらにネット通販会社や自治体などにも協力を働き掛けている。宅配ボックスを利用した品物の受け渡しや、電源を使った新サービスなども検討する。

(藤原秀行)


オープン型宅配ボックス「ERYBOX」(サイブリッジグループ提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事