メルマガの配信元アドレスが変更となりました

4~6月の実質GDPは年率1・3%増、2四半期ぶりプラス

4~6月の実質GDPは年率1・3%増、2四半期ぶりプラス

コロナで緊急事態宣言、伸びは小幅にとどまる

内閣府が8月16日発表した2021年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前期(1~3月)比0・3%増となった。この増加ペースが1年間続いたと換算した年率ベースでは1・3%増だった。2四半期ぶりにプラス成長へ転じた。

企業の設備投資が持ち直してきたことなどが成長を後押しした。ただ、政府が緊急事態宣言を東京や大阪などに発令していたため、伸びは小幅だった。

個人消費は前期比0・8%増、企業の設備投資は1・7%増、輸出は2・9%増。

実質GDPはコロナ禍が直撃した20年4~6月に28・1%減と大きく落ち込んだ後、2四半期続けてプラスを記録したが、21年1~3月は緊急事態宣言再発令による個人消費の減速などで3・9%減と再びマイナスになっていた。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事