メルマガの配信元アドレスが変更となりました

井本商運、日本海と神戸港結ぶ国際フィーダー航路構築事業に選定

井本商運、日本海と神戸港結ぶ国際フィーダー航路構築事業に選定

貨物集約し競争力向上目指す

井本商運は9月10日、阪神国際港湾が実施する「国際フィーダー航路拡充トライアル事業」の事業者に選定されたと発表した。

同事業は福井・敦賀港以西の日本海側の港湾と神戸港を結ぶ内航コンテナ船を運航し、集貨した貨物を試験的に外航コンテナ船によって神戸港経由で輸出入する。これまで日本海側の港湾から海外トランシップされている貨物や神戸港に陸上輸送されている貨物について、内航フィーダー航路へ転換の上、神戸港経由で輸出入できるかどうかを見極めるのが狙い。

事業期間は契約締結日の翌日から2022年2月28日までの予定。同社は外航船社との連携による輸出入貨物の集荷、新たなモーダルシフトによる内貿貨物の集荷を通じ、国内で初めて日本海と戦略港湾の神戸港の間で国際フィーダー航路を新設することで、戦略港湾における競争力強化に貢献するとともに、日本海各港湾との利便性の向上を目指す。

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事