メルマガの配信元アドレスが変更となりました

丸全電産ロジステック、長野・南箕輪で7086平方メートルの物流拠点開設

丸全電産ロジステック、長野・南箕輪で7086平方メートルの物流拠点開設

天井クレーンなど導入、重量物に対応

丸全昭和運輸は9月27日、子会社の丸全電産ロジステックが、長野県南箕輪村で新たな物流拠点「伊那倉庫営業所2号棟」が完成したと発表した。

鉄骨平屋建て(一部2階)、延べ床面積は7086平方メートル。10メートルのひさしを設置しているほか、天井クレーンも2基、エレベーターとドックレベラーをそれぞれ2基導入し、重量物に対応できるよう配慮している。

日本電産サンキョーの工場で使うロボットの部品などを取り扱う予定。


倉庫の外観(丸全昭和運輸プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事