画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日通の中国・上海現法、保税区で物流業者初の組み立て加工業務ライセンスを取得

日通の中国・上海現法、保税区で物流業者初の組み立て加工業務ライセンスを取得

エンドユーザーからニーズ強く、化粧箱への商品詰め合わせなど多様な付加価値提供可能に

日本通運は11月22日、中国の現地法人「日通国際物流(上海)有限公司」が10月25日を発効日として、上海外高橋港総合保税区で物流業者初の組み立て加工業務を行うライセンスを取得したと発表した。

中国では香港、マカオ、一部の特殊総合保税エリアでのみ同業務が認められており、上海近郊のエンドユーザー向け貨物の在庫を持つ顧客からより近い場所で組み立て加工を行いたいというニーズが存在していた。

現法が物流業者として初めてライセンスを取得したことで、顧客の要望に応じて化粧箱への商品の詰め合わせ、設備本体へのパーツ取り付けなど、多様なサービス・付加価値を提供できるようになった。上海近郊のエンドユーザーへの輸送コストを削減し、リードタイムを大幅に短縮することが可能と見込む。


上海外高橋港総合保税区ゲート(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事