画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

キリングループロジ、年間所定労働時間を22年は24時間削減し1896時間に

キリングループロジ、年間所定労働時間を22年は24時間削減し1896時間に

同社初、働き方改革の一環

キリングループロジスティクス(KGL)は12月20日、年間所定労働時間を2022年は従来の1920時間から24時間削減し、1896時間に短縮することを決めたと発表した。

KGLが年間所定労働時間を改定するのは初めて。

KGLは2016年、働き方改革に着手しており、今回の措置もその一環。各事業所の業務改善、多能工化などを推進した結果、24時間削減の見通しが立ったという。

KGLの主な働き方改革は以下の通り(プレスリリースより引用、一部編集部で修正)。
2016年:在宅勤務制度を導入
2017年:インフルエンザ予防接種費用を一部補助
2018年:キャリアリターン制度導入、リフレッシュ休暇制度の日数拡大、積み立て休暇要件の拡大(家族の記念日を対象とした「アニバーサリー休暇」新設)
2019年:フレックスコアタイム廃止、看護介護休暇無事故扱いの開始、傷病からの復帰支援(勤務時間短縮)
2020年:在宅勤務制度改定(使用回数や就労場所拡大、情報機器購入など)、全国・ブロック社員制度導入、インフルエンザ予防接種費用を全額補助に移行
2021年:キャリアリターン制度見直し(退職事由や雇用条件を一部緩和)

(藤原秀行)

雇用/人材カテゴリの最新記事