関東鉄道の6駅に宅配ロッカー「PUDO」設置

関東鉄道の6駅に宅配ロッカー「PUDO」設置

茨城県内、当初はヤマト運輸が利用可能

Packcity Japanは4月16日、複数の宅配事業者からの荷物を受け取ることが可能なオープン型宅配ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」を、関東鉄道の茨城県内の6駅に導入したと発表した。

同県取手市の西取手駅とゆめみ野駅、守谷市の南守谷駅と新守谷駅、下妻市の下妻駅、筑西市の下館駅。いずれも始発から終電まで利用可能。

当初はヤマト運輸が扱う荷物を受け入れ、今後は別の宅配事業者にも利用を呼び掛けていく。

(藤原秀行)※写真はイメージ・ヤマト運輸提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事