CBRE、インアゴーラの物流施設移転をサポート

CBRE、インアゴーラの物流施設移転をサポート

トータルコスト試算し最適なエリア算出、今年4月に完了

シービーアールイー(CBRE)は11月29日、日本商品の中国向け越境ECを展開するインアゴーラの物流施設移転をサポートし、2019年4月に一連のプロジェクトが完了したと発表した。

18年1月にインアゴーラから物流拠点の移転に関する賃貸借契約の仲介業務および物流拠点構築に関するアドバイザリー業務を受託。東京・江東区から千葉県松戸市で今年4月完成した地上4階建ての最新鋭の物流施設に移り、延べ床面積約1万6000平方メートルの物流拠点「インアゴーラ ロジスティクスセンター」として新たなスタートを切った。

CBREは今回のプロジェクトに関し、倉庫賃料や配送費、人件費を加味したトータルのコストを試算。その結果を踏まえて、インアゴーラに適したエリアとして千葉県内の物流施設を提案した。

同社が入居したのはセンターポイント・ディベロップメント(CPD)と東急不動産、三菱UFJリースが共同開発した「CPD松戸Ⅱ」。インアゴーラが1棟借りしている。


インアゴーラの新拠点(CBRE提供)


インアゴーラが入居している「CPD松戸Ⅱ」の外観(CPDなどのプレスリリースより引用)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事