メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ビーイングHDとオカムラ、物流現場向け自律移動ロボットの実用化へ実証実験開始

ビーイングHDとオカムラ、物流現場向け自律移動ロボットの実用化へ実証実験開始

かご車をつかみ上げて搬送、21年6月の実運用スタート目指す

物流企業のビーイングホールディングス(HD)とオカムラは12月24日、自律移動ロボット「ORV(Okamura Robot Vehicle)」の実用化に向け、実証実験を開始したと発表した。2021年6月の実運用スタートを目指す。

大手ドラッグストアチェーンの商品を扱うビーイングHDの「北関東SCMセンター」(群馬県前橋市)と「白山第3センター」(石川県白山市)の2拠点で試験的に導入。実際にオペレーションで活用している。

ORVはセンサーで周囲の環境を把握し、周辺地図の作成と自己位置推定を行う技術SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)を活用した自律移動ロボット。人工知能(AI)でかご車を自動認識して取りに行き、目的地まで障害物を避けながら搬送する。牽引ではなく、かご車の片側をつかみ上げることで、その場での旋回など小回りが利く動作を可能にしている。

一般的なAGVと異なり、移動ルートを示すテープやマーキングをする必要がなく、走行軌道の設定を自由に変えられるため、両社はかご車の変更など大きな追加投資をせずに導入が可能とみている。


「ORV」の実証実験の様子(以下、いずれも両社提供・クリックで拡大)


「ORV」の機能の特徴

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事