東海運の中国・青島現法が7月1日に上海支店を開設

東海運の中国・青島現法が7月1日に上海支店を開設

経済中心地の華東地区における営業拡大などが目的

東海運は6月10日、中国の現地法人「東華貨運代理(青島)有限公司」が7月1日付で上海分公司(上海支店)を開設・営業を開始すると発表した。

同社は2007年に香港、上海で合弁会社を設立。11年10月には青島市で全額出資の同現法を立ち上げ、日中間をはじめとする国際複合一貫輸送や輸出入フォワーディング、陸上輸送など中国で物流業務の拡大を図ってきた。

上海など中国経済の中心地である華東地区における営業拡大、中国で物流事業全般をより発展させることを目的に上海支店を設ける。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

東海運カテゴリの最新記事