ソフトバンクG「孫社長は反対意見もヤフーの独立性尊重」

ソフトバンクG「孫社長は反対意見もヤフーの独立性尊重」

アスクル岩田社長らの再任反対でコメント

ソフトバンクグループは8月2日、傘下のヤフーが、資本・業務提携しているアスクルの定時株主総会に際して岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の再任に反対したことに関し、コメントを発表した。

この中で「孫(正義ソフトバンクグループ社長)個人は投資先との同志的な結合を何よりも重視するため、今回のような手段を講じることについて反対の意見を持っている」と指摘。

その上で「このたびの件はヤフーの案件でありヤフー執行部が意思決定した。ヤフーの独立性を尊重し、ヤフー執行部の判断に任せている」と説明した。

一方、ヤフーは東京都内で同日開いたアナリスト向けの2019年第1四半期決算説明会で、坂上亮介常務執行役員CFO(最高財務責任者)が「新しい取締役による新アスクルの『業績の早期回復』と『企業価値向上』に最大限協力していきたいと考えている。また、ヤフーとしては速やかに、アスクルが臨時株主総会などを通じて一般株主の利益を確保するために十分な人数の新たな独立社外取締役が選任されるよう、最大限協力する」と語った。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事