乾汽船、筆頭株主のアルファレオHD請求受け11月4日に臨時株主総会開催

乾汽船、筆頭株主のアルファレオHD請求受け11月4日に臨時株主総会開催

社長解任や取締役報酬総額引き下げなど議題、取締役会は全て反対表明

乾汽船は10月7日、筆頭株主の資産運用会社アルファレオホールディングス(HD、東京)から招集請求があった臨時株主総会を11月4日午前に東京都内の乾汽船本社で開くと発表した。

アルファレオが求めている乾康之社長の解任や取締役の報酬総額引き下げ、配当の見直し、自己株式取得の4項目を株主提案として諮る予定。乾汽船は取締役会の意見として4項目全てに反対を表明している。

同社は併せて、アルファレオが要求していた買収防衛策の廃止に関して「適法性に疑義がある」との見解を示し、総会では議案として取り上げない意向を強調。さらにアルファレオに対し、決算情報の開示などを求める文書を10月7日付で送付していることを明らかにした。

アルファレオは9月26日時点で乾汽船株式の28・15%を保有している。乾汽船が今年6月に開催した定時株主総会でも、アルファレオは乾社長ら取締役の再任や買収防衛策導入などに反対の議決権を行使していた。

乾汽船によれば、アルファレオは臨時株主総会の際、招集手続きや決議方法が正しかったかどうか調査する総会検査役を選任するよう10月1日付で東京地裁に申し立てたという。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事